計算科学研究センター 量子物性研究部門 サイトマップ English

矢花グループ

山田篤志

所属

筑波大学 計算科学研究センター 量子物性研究部門

略歴

学歴

1998.3      名古屋大学 理学部 物理学科 卒業
2000.3 名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻 前期博士課程 修了
2003.9  名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻 後期博士課程 修了
  理学博士

職歴

2003.9  - 2007.6 分子科学研究所 計算科学研究センター 博士研究員
2007.7 - 2008.3 分子科学研究所 計算科学研究センター 助教
2008.4 - 2014.6 名古屋大学 工学部 応用化学科 助教
(2010.5 - 2011.5) 米国 テキサス大学オースティン校 化学科 客員研究員
2014.7 - 2015.6 フランス ボルドー大学/CRPP-CNRS  Postdoctoral Fellow
2015.7 - 2017.6 米国 ケント州立大学 化学科 Research Associate
2017.7 - Present 筑波大学 計算科学研究センター 主任研究員

研究分野

物理化学(分子科学)、計算化学/計算物理、分子シミュレーション、光物性、量子ダイナミクス、フォトニクス、生物物理

好きなこと

旅行、ラーメン、浜松餃子、まったり飲むこと、趣のある歴史的な建物・場所

主な発表論文(Selected Publication)

  • “Multiscale time-dependent density functional theory for a unified description of ultrafast dynamics: pulsed light, electrons, and lattice motions in crystalline solids”, Atsushi Yamada and Kazuhiro Yabana, Phys. Rev. B, 99, 245103 (2019) (This is chosen as “Editor’s Suggestion paper” of the journal)
  • “Path-selective localized surface plasmon-based lasing.”, A. Yamada, Daniel Neuhauser and Renaud Vallée, Nanoscale, 8, 18476-18482 (2016)
  • “Achieving predictive molecular conductance calculations by using range-separated hybrid functionals”, Atsushi Yamada, Qingguo Feng, Hoskins Austin, Kevin D. Fenk, and Barry D. Dunietz, Nano Letters, 16, 6092-6098 (2016)
  • “All-Atom Molecular Dynamics Calculation Study of Entire Poliovirus Empty Capsids in Solution”, Y. Andoh, N. Yoshii, A. Yamada, K. Fujimoto, H. Kojima, K. Mizutani, S. Okazaki, A. Nakagawa, and A. Nomoto, J. Chem. Phys., 141, 165101 (2014)
  • “A Molecular Dynamics Study of Intramolecular Proton Transfer Reaction of Malonaldehyde in Solutions Based upon Mixed Quantum-Classical Approximation. I. Proton Transfer Reaction in Water”, Atsushi Yamada, Hidekazu Kojima, and Susumu Okazaki, J. Chem. Phys., J. Chem. Phys., 141, 084509 (2014)
  • “Role of protein in the primary step of the photoreaction of yellow protein.”, Atsushi Yamada, Takakazu Ishikura and Takahisa Yamato, PROTEINS: Stru. Func. Bio. 55 1063-1069 (2004)
  • “Torsion Potential Works in Rhodopsin.”, Atsushi Yamada, Takahisa Yamato, Toshiaki Kakitani and Shigeyoshi Yamamoto, Photochem. Photobio. 79 476-486 (2004)

科学技術計算用ソフトウェア開発(開発に携わった公開ソフトウェア)

  1. SALMON (Scalable Ab-initio Light-Matter simulator for Optics and Nanoscience)
  2. Q-Chem
  3. MODYLAS (MOlecular DYnamics simulation software for LArge Systems)
  4. Nano-IGNITION (Input GeNerator for InovaTION of molecular science)

連絡先

居室              計算科学研究センター新館2階
電話              029-853-5866
電子メール     ayamada_at_ccs.tsukuba.ac.jp