計算科学研究センター 量子物性研究部門 サイトマップ English

矢花グループ

プロジェクト

SALMONプロジェクト

当グループで長年にわたり開発を進めてきた電子ダイナミクスの第一原理計算プログラムを、先端の光科学に有用なソフトウェアとして発展させるべく、コード開発プロジェクトを進めています。ソフトウェアの名称は、SALMON = Scalable Ab-initio Light-Matter simulator for Optics and Nanoscienceです。ビルドや入力の方法をなるべく簡単なものにすることで、大規模計算に経験のない方でも使えるよう配慮していますので、是非試しに使ってみてください。ソフトウェアのウェブページは、http://salmon-tddft.jpです。

JST-CREST研究課題

JST-CREST研究領域「新たな光機能や光物性の発現・利活用を基軸とする次世代フォトニクスの基盤技術」において、研究課題「光・電子融合第一原理計算ソフトウェアの開発と応用」(平成2810月〜平成343月、課題代表:矢花一浩)を行なっています。電子ダイナミクスの第一原理計算を基盤として、先端の光科学に有用なソフトウェアを構築することを目標に研究を行っています。

Post-K研究課題

ポスト「京」重点課題(7)「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」のサブ課題B「光・電子融合デバイス」(平成2710月〜平成323月)を担当しています。大規模計算により、光と電子の密接な連結に基づく新奇な光デバイス原理の開拓を目標に研究を行っています。